春のお彼岸

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ブログ担当の堀田です。

 

3月17日~3月23日は春のお彼岸でした。

 

 


【お彼岸について】
春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられています。


 
お彼岸になると、私達極楽のスタッフは
お供え物を持って、一日中お客様のところをお参りして回ります。
 

こうやって、お客様のところを定期的にご訪問させて頂くのも大切な仕事ですが、
お参りをさせて頂いたり皆様とお話させて頂くのは、私達にとってもたいへん嬉しい時間です。

 

「わざわざ ありがとう」
「よく来たね」
「いつもありがとう」
など、お客様から頂く言葉が、私達の頑張る力になっています。

 

もっとお話ししていたいと思いつつ、
沢山のお客様のところに伺いたいという気持ちもあり、いつも後ろ髪ひかれながら、次のお客様のところへ向かっています。

 

なお、2017年の秋のお彼岸は、9月20日(水)~9月26日(火)となってます。

 

 <豆知識(余談です)>
「ぼたもち」と「おはぎ」の違いについてご存知ですか?
季節によって呼び名が違うだけで、物としては同じものです。 漢字で書くと「牡丹餅」「お萩」。 ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。 一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。