DPP_0002

『厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクター』取得!!

この秋、営業グループ 濵添 菜々美が『厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクター』に合格致しました!

 

-葬祭ディレクター技能審査とは?

厚生労働省認定の試験で、目的として、葬祭業務に携わる人々の知識・技能の向上を図ると共に、業界の社会的地位の向上と社会的信頼を確立することにあります。

 

-挑戦するためには?

実務経験が規定に達していることが第一条件です。

2級は実務経験が2年以上、1級は5年以上(または2級合格後、2年以上実務経験を有する)を要します。

 

-試験内容は?

学科試験・実技試験(幕張・接遇・司会・実技試験)があり、1級では全ての葬儀における相談、会場設営、式典運営等の葬祭サービスの詳細な知識と技能が求められます。

 

http://www.sousai-director.jp/

 

【取得者からのコメント】

今年の9月に福岡会場へと足を運び、1級受験者が約150名いる中、試験を受けてきました。

学科試験、実技試験共にたくさんの先輩方から指導を受けたにも関わらず、緊張MAXで、今までしてきたことを全て出し切れず… 正直不安だけが残る結果となりました。

【より深い知識を持つこと】、【周りの雰囲気に流されず自分の気持ちを強く持つこと】の大切を痛感し、1級を取得された先輩方がより頼もしく思えた一日となりました。

 

不安ばかり残る試験で、通知が出るまでの期間はドキドキしておりましたが、有り難いことに合格通知をいただき、本当に嬉しく、自宅で飛び跳ねました。(笑)

DPP_0001

 

これで当社は、葬祭ディレクター1級を取得したスタッフが5名となりました!

来年は、営業グループ 堀田 永志(平成26年4月入社)が、2級の受験資格である実務経験を満たします。

これまで以上に知識・技能を向上させ、『お客さまの安心と感動のために!』より一層、パーソナルなご葬儀を提案出来るよう努めて参ります!