カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

DSC01588 (340x255)

第20回 チャリティーバザー

 

こんにちは。

ブログ担当の堀田です。

 

 

皆さんお待ちかね(株)極楽の毎年恒例のイベント!!

チャリティーバザーの開催時期になりました☆

 

 

★バザーチラシ第20回-001

 

 

 

毎回沢山の協力を頂きまして、今年でなんと、、、、、、

 

20回目の開催です!!!

すごいですね。

地域の恒例行事の一つと言っても過言ではないですね☆

このような形でも地域貢献が出来ることを私達も嬉しく思っておいます。これからも継続出来るよう頑張りたいと思います。

 

 

このチャリティーバザーのイベントは、地域の皆さんから好評を頂いておりまして、昨年は約200人もの方にご来場頂きました。

これだけ認知していただけると、主催している私達もやりがいがあります!!!

さて、今年は果たして何名の方に来場頂けるのでしょうか!?

わくわくしますね☆

 

ここでブログをご覧の皆さんにお願いです!!

是非、バザー商品の寄付に ご協力お願い致します!

 

チャリティーバザーは毎年、皆様からのご寄付いただきました品物によって支えられています。

ご家庭に眠っている不要品がございましたら、是非ご提供ください。

 

【受付期間】

平成29年9月1日(金)~9月29日(金)まで

伊万里セレモニーホールまでお持ち頂くか、ご連絡頂ければ受け取りに伺います。

(未使用品に限らせていただきます)

(生物は安全免の都合上、ご遠慮しております)

【お問い合わせ】

TEL : 0955-22-4400

チャリティーバザー担当者 : 田中・堀田

ブログ用

お盆の豆知識

ブログをご覧の皆様こんにちは。

ブログ担当の濵添(ハマゾエ)です。

 

 

突然ですが、お盆にも地域性があるのをご存じですか?

一般的には、お盆=8月というイメージかと思いますが、地域によっては旧暦のまま7月に行うところもあるんです。

 

私たちの本社がある伊万里では、新暦にそって8月盆。

お隣の有田町では、旧暦の7月盆。

車で30分圏内にも関わらず地域性が表れていて、入社当初驚いたことを今でも覚えています。

 

 

他にも、精霊流しを行うところ、お墓で花火をしたり爆竹を鳴らすところ、初盆の家はお墓に提灯を飾るところ…

また「初盆」の表し方さえ、「新盆=しんぼん、にいぼん、あらぼん」と様々あるようです。

(初盆とは、人が亡くなって四十九日過ぎて初めて迎えるお盆のことです。)

改めて調べてみると、面白いですよね!

 

 

自宅に飾る提灯も、種類が様々です。

床に置くタイプ、天井から吊すタイプ、灯りが回転するタイプ、

マンションやアパートタイプ、天井を傷つけず組み立てやすいタイプ…

提灯の柄や灯りの色、大きさにも違いがあります。

ご先祖や、ご家庭の雰囲気に合わせて揃えてみるのも素敵ですね。

 

 

この他にも違いは多々あるようですが、

ご先祖をお迎えし、感謝を捧げ、心から供養をするというのはどの地域も変わりません。

 

 

今年もお盆がやって参ります。

初盆を迎えられる方もいらっしゃることかと思います。

大切な方が迷わず気持ちよく帰ってこられるよう、

提灯を準備したり、掃除をしたり、お好きだったものを用意したりしましょう。

きっと喜んで下さるはずです。

 

 

弊社は、引き続き初盆に関する相談会を行っております。

 

気になることがある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

第16回 人形・提灯供養

第16回 人形・提灯供養を開催しました

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

本日のブログ担当、濵添(ハマゾエ)です。

 

 

去る6月17日に、第16回人形・提灯供養を行いました。

 

写真を見てお分かりのように、

今年も思いの詰まったお人形やぬいぐるみ、提灯などがたくさん集まりました。

 

年季の入ったお人形から、割と新しい種類のぬいぐるみ、

旅先などで購入された思い出の品々・・・

 

きっとお客さまも、後ろ髪引かれる思いで預けて下さったのだと思います。

 

 

お預かりしたお人形たちは、浄土真宗本願寺派 明善寺ご住職が心を込めてお勤めをして下さいました。

誠にありがとうございました。

 

長年大切にされてきたお人形たちも、きっと感謝の気持ちでいっぱいのことと思います。

 

お寺様のご供養後は、私たちが責任を持って環境センターへ持って行きましたのでご安心下さいませ。

 

 

 

また今年の年末頃に、第17回人形・提灯供養を行う予定です。

 

「預けたかったけれども、間に合わなかった」というお客さま。

 

日程は定まっておりませんが、本社伊万里にて、事前のお預かりもしております。

 

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

DSC_0081

フューネラルビジネスフェアに参加して参ります

こんにちは。

ブログ担当の堀田です。

 

 

2017年6月26日(月)・27日(火)に

パシフィコ横浜で開催される【フューネラルビジネルフェア2017】へ行くことになりました。

 

このフェアは葬儀・供養業界随一の総合展示会で、今年で21回目を迎えます。

 

私たち極楽はブース出展ではなく、勉強のために、毎年参加させていただいております。

 

 

私自身初めての参加となるので、まだ全体のイメージが沸いていませんが、

生花祭壇設営や納棺、また司会など様々なテーマに応じた出展ブースがあるようで、

既に気持ちが高ぶっています!

 

 

このフェアに行く最大の目的・・・それは・・・

「今後、より多くのお客さまに安心と感動を与えることができるように」

 

 

今回のフェアを通じて、私がどれだけ吸収出来るかで、

今後のお客さまに提案できる幅が変わってくるということを考えると、

たくさんの「ワクワク」と、少しの「プレッシャー」を感じています。

 

 

しかし、極楽の代表として行くことになるので、

一つでも多くの知識とアイデアを持ち帰れるよう勉強して参ります!

 

 

当日の様子は、改めてご報告させていただきますのでお楽しみに!

 

img_9226

第16回 人形供養

こんにちは。

ブログ担当の堀田です。

 

本日は人形・提灯供養のお知らせです。

私達は毎年 伊万里セレモニーホールで一回、有田セレモニーホールで一回。

計2回人形・提灯供養をおこなっております。

 

今回は

平成29年6月17日(土)に伊万里セレモニーホールで行われます。

当日15時まで受付を行っており、供養は16時から行われます。

供養料は 安心の会員様 ¥500(何個でもOK) 未入会の方 ¥3,000(何個でもOK)

 

昔から大切にしていた人形を処分したいが、なかなか捨てられない。

古い提灯があるが、どこに持っていったらよいかわからない。

など、お困りの方は是非ご活用ください。

 

この人形・提灯供養のイベントでは

・お寺様にお勤めをあげて頂くので安心です。

・希望であれば一緒に立ち会うこともできます(皆様にご焼香を頂きます)

・前もっての預かりも受け付けも可能です。

 

毎回、たくさんのお客様から

「困っていたから助かった」

「しっかりと供養して頂けるから安心」

と嬉しい言葉を頂いております。

今後も皆様のお役に立てるよう、継続して行っていく予定です。

第16回 人形・提灯供養チラシ 配布用-001

初盆

有田地区の7月盆にむけて準備開始

こんにちは。

ブログ担当の堀田(ホッタ)です。

有田地区のお盆(7月13日~7月15日)まで残り3ヶ月を切り、スタッフ全員が毎日奮闘し初盆の準備を行っておりますが、、、

「いつにも増してスタッフの気合いが入っているな!!」と、この時期になると毎年のように思います。

・担当者が早くお客様のところにカタログを持って伺える様にと、資料を整えるスタッフ

・参考になるようにと、過去の初盆飾りのデータを集めてカタログを作成するスタッフ

・展示用提灯の新調を行ってくれるスタッフ

また、各個人でお客様に少しでも分かりやすいように、、、と創意工夫している姿も見られます。

 

 

スタッフ全員の思いはひとつ

「お客様が安心してお盆を迎えることができるように」

スタッフ皆、互いに協力して頑張っています。

特に初めての”お盆”をお迎えのお客様のお力添えが出来ればと、相談会を開催致します。

どうぞお気軽にお越し下さいませ。

もちろん、初盆以外のご相談もお受け致します。

 

【有田地区初盆相談会】

開催日時 : 5月13日~5月28日(12:00~17:00)

場所    : 有田セレモニーホール(南原甲1113-11)

※事前に来館のご予約をお願い致します。

℡:0955-42-5523

2017年初盆展示会チラシ 有田 (2)-001

 

春のお彼岸

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ブログ担当の堀田です。

 

3月17日~3月23日は春のお彼岸でした。

 

 


【お彼岸について】
春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられています。


 
お彼岸になると、私達極楽のスタッフは
お供え物を持って、一日中お客様のところをお参りして回ります。
 

こうやって、お客様のところを定期的にご訪問させて頂くのも大切な仕事ですが、
お参りをさせて頂いたり皆様とお話させて頂くのは、私達にとってもたいへん嬉しい時間です。

 

「わざわざ ありがとう」
「よく来たね」
「いつもありがとう」
など、お客様から頂く言葉が、私達の頑張る力になっています。

 

もっとお話ししていたいと思いつつ、
沢山のお客様のところに伺いたいという気持ちもあり、いつも後ろ髪ひかれながら、次のお客様のところへ向かっています。

 

なお、2017年の秋のお彼岸は、9月20日(水)~9月26日(火)となってます。

 

 <豆知識(余談です)>
「ぼたもち」と「おはぎ」の違いについてご存知ですか?
季節によって呼び名が違うだけで、物としては同じものです。 漢字で書くと「牡丹餅」「お萩」。 ぼたもちは、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。 一方、おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

 

 

 

DSC_0001 (640x382)

社内勉強会「7つの習慣」を実施しました。

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

ブログ担当の堀田です。

先日、「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著/1996年)の勉強会を行いました。

DSC_0001 (640x382)

今までは「人間学を学ぶ月刊誌 chichi致知」と「中小企業を活性化し、成功を探求する経営誌 理念と経営」の勉強会を行っておりましたが、今回から「7つの習慣」も加えて行うことになりました。

参加したスタッフみんな、いつも以上に生き生きとした表情で、自分の意見を述べたり、他人の意見に質問をしたり、とても有意義な勉強会になった様子でした。

勉強会というと、嫌々参加する人が多いイメージがあると思いますが、

実は、極楽スタッフは

みんな勉強会を楽しみにしています。

 

楽しみにしている理由を改めてスタッフに尋ねてみたところ

  • 普段と違うスタッフの表情が見ることができる
  • 自分では思いもしないような考え方を学ことがある
  • 普段あまり喋らない人と会話ができる

という声がいくつも出ました。

私自身そう感じていますが、勉強会といいながら、貴重な社内コミュニケーションの場ともなっているようです。

 

勉強会はikkグループ【「株式会社極楽」「アイ・ケイ・ケイ株式会社」「アイケア株式会社」】全体が各支店ごとに 取り組んでいて、それぞれ、月に一度行っています。

今後も、少しずつでもこの勉強会での学びを糧とし、お客様により良いサービスを提供出来るように頑張っていこうと思います。

 

 

「7つの習慣」

 

 

 

img_9229

『第15回人形・提灯供養』を開催致しました!

皆様、こんにちは!

2016年12月17日に、有田セレモニーホールにて人形・提灯供養を行いました。

 

長年大切にしてきたお人形やぬいぐるみ、古くなってしまった提灯など、捨てるに捨てられずお困りの方へ、

地域貢献の一環として始めた人形提灯供養も、今回で15回目を迎えました。

 

 

img_9226img_9222

 

当日は、浄土真宗本願寺派 西光寺様にお越し頂き、

お客さまもこれまでの感謝の想いを焼香に込めながら、ご一緒にお勤めを聞かれておりました。

 

 

 

 

厳かな時間が流れる中で印象的だったのは、ご法話の中でご住職がおっしゃられた

『私たちがご先祖に手を合わせるのは、”呪われないように・たたりがないように”といった意味ではなく、

”おかげさまで今の私がある”といった感謝の気持ちからだと思います。

今回の供養も同じです。

同じ時間を過ごしてきたお人形やぬいぐるみなどに対して、感謝の気持ちが込められた供養であればと願います。』

といったお話です。

 

「いただいた提灯だから、恩を捨てるようで申し訳なくて…」

「特にお人形やぬいぐるみは、表情があるから捨てにくくて…」

とお悩みの方もいらっしゃいますが、「ありがとう」と供養することが、きっと幸せな最後になるのではないかと思います。

 

 

来年は、本社伊万里セレモニーホールにて開催予定です。

ご供養にお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

img_9215

 

人形・提灯供養担当:濵添・田中

DPP_0002

『厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクター』取得!!

この秋、営業グループ 濵添 菜々美が『厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクター』に合格致しました!

 

-葬祭ディレクター技能審査とは?

厚生労働省認定の試験で、目的として、葬祭業務に携わる人々の知識・技能の向上を図ると共に、業界の社会的地位の向上と社会的信頼を確立することにあります。

 

-挑戦するためには?

実務経験が規定に達していることが第一条件です。

2級は実務経験が2年以上、1級は5年以上(または2級合格後、2年以上実務経験を有する)を要します。

 

-試験内容は?

学科試験・実技試験(幕張・接遇・司会・実技試験)があり、1級では全ての葬儀における相談、会場設営、式典運営等の葬祭サービスの詳細な知識と技能が求められます。

 

http://www.sousai-director.jp/

 

【取得者からのコメント】

今年の9月に福岡会場へと足を運び、1級受験者が約150名いる中、試験を受けてきました。

学科試験、実技試験共にたくさんの先輩方から指導を受けたにも関わらず、緊張MAXで、今までしてきたことを全て出し切れず… 正直不安だけが残る結果となりました。

【より深い知識を持つこと】、【周りの雰囲気に流されず自分の気持ちを強く持つこと】の大切を痛感し、1級を取得された先輩方がより頼もしく思えた一日となりました。

 

不安ばかり残る試験で、通知が出るまでの期間はドキドキしておりましたが、有り難いことに合格通知をいただき、本当に嬉しく、自宅で飛び跳ねました。(笑)

DPP_0001

 

これで当社は、葬祭ディレクター1級を取得したスタッフが5名となりました!

来年は、営業グループ 堀田 永志(平成26年4月入社)が、2級の受験資格である実務経験を満たします。

これまで以上に知識・技能を向上させ、『お客さまの安心と感動のために!』より一層、パーソナルなご葬儀を提案出来るよう努めて参ります!